120年周期の淡竹の開花が観測されているニュースを聞いて ~ 竹の話 ~

 一説には120年周期と言われるハチク(淡竹)の開花が南伊豆で観測されたというニュースを耳にしました。

 

 ハチクは、モウソウチク、マダケと並び日本の三大有用竹に数えられる品種で、この三種の中では最も小型ながら、繊維が緻密で割りやすく(割れやすいともいえる)、茶の湯で用いる茶筅の材料などに昔から珍重されてきた竹です。最近では食用のタケノコとしての人気が高まっているようでもありますね。

 

 私自身の仕事においては、じつは扱う機会の少ない竹ですが、ハチクの仲間には景色に富んだ種類が幾つかあり、なかでもクロチク(黒竹。シチク = 紫竹とも)は私がよく用いる竹です。

 

淡竹の仲間の黒竹と、黒竹の菓子切り
淡竹の仲間の黒竹と、黒竹の菓子切り

 ハチクの開花について、改めて調べてみたわけではないものの、数年前からときどき耳にする出来事で、クロチクの開花も観測されており、ハチクの開花は全国的に2020年代に向けて開花のピークがつづくであろうとの予測もあります。竹の開花周期については、種類ごとに異なるもので、また諸説のあるものでもあります。

 

 仮に120年周期とすれば、人の一生よりも長い時間で、一人の人間がおなじ竹の開花を二度たしかめることはまず不可能な長さ。もしも人間が生きられたとしても、120年の間には周囲の環境自体が変わってしまうことも多いので、その検証は昔も今もなかなかに困難が伴う仕事ではないでしょうか。

 

 開花周期が長いということは、実を結ぶのも稀ということになりますので、竹をべつな場所に増やそうとする場合には、種からではなく地下茎を含んだ幾本かの稈を竹林から切り分けて移植する方法がとられます。同じ地下茎で繋がっている竹林は全体で一つの個体のようなものですから、一部を移植したとしても元の同じ個体の性質(開花周期も)が引き継がれることになります。

 

 いま起きているような、全国的に数年から十数年の誤差という比較的まとまった期間にいっせいに開花周期が訪れるのは、このように元の竹から株分けしていることが理由のひとつとしてあるのではとおもいます。

 

 モウソウチクやマダケ、ハチクは数千年から数万年単位でこの列島に生息しているような日本古来の植物ではなく、数百年から千年程度の比較的あたらしい過去に中国大陸から移植された外来の品種と言われています(とはいえ、おなじ品種でも大陸と日本とでは環境が異なるので、竹の性質も環境に応じて異なる)。つまり、もともとあまり多くはない移植個体から繁殖している可能性が考えられ、また日本に渡来してから経験した開花の回数が少ないことも、開花の誤差が少ない理由のひとつでもあるような気がします。(これらのことは、植物学の専門家ではない私の個人的な考えで、最新の論文を参照したわけでもありませんので、植物学上の細かな話や用語において不正確な部分があるかもしれません)

 

 このようにたいへん稀な竹の開花周期に立ち会えるのは運が良いことでもありますが、残念ながら竹は開花すると竹林ごと枯れてしまうという問題があります。ふたたび竹林として回復するまでには時間が掛かるものですので、竹を工芸材料として用いたり、食用に栽培して出荷しようという場合には死活問題ということになります。

 

 かつて昭和の中頃には、マダケの一斉開花が全国で起こり、竹細工・竹工芸の仕事に従事する人々が恐慌をきたした歴史があるそうです。現在のハチクの開花ピークについては、いまのところ当時ほどの大きなインパクトが感じられないのは、マダケに比べるとハチクの用途が限定的であることが理由かもしれませんし、あるいはすでに竹を素材とする手仕事の規模がかつてと比べものにならないほど衰退し尽くしてしまったために相対的には影響が小さい、そのことがより大きな理由かもしれません。

 


* * *

 

 さて、冒頭に挙げた竹の写真は、黒竹と黒竹から削りだした菓子切りです。以前は煤竹の菓子切りと並行して私の定番として作っていましたが、現在は作っていないもの。すこし前に特注で削った残りが数本あるのみです(ご希望の方がいらしたら、数は少ないですがお頒けすることは可能です)。

 

 いまのところ、私の手元に素材となる黒竹はありますし、材の入手も可能ですが、いくつかの理由から黒竹の菓子切りをしばらく削る予定はなく、煤竹の「ささのは」「月雲」「夕星」の三種に力を集中しています。

 

 竹を用いたものづくりは、数千年以上にもわたりこの列島に受け継がれてきて、近年は衰退しつづけていたかと思えば、ここ数年は「かごブーム」などと言われたり。こうして一進一退、咲いたり枯れたりしながら、人間の歴史がつづくかぎりは何らかの形で残ることでしょう。竹とおなじく、人間も与えられた環境に応じてゆくしかありませんので、前向きに、できる仕事を淡々とつづけます。