マイナビ進学『進路のミカタ WEB』に、竹工芸家として取材・掲載されました

 半年ほど前に取材を受けました、マイナビ進学『進路のミカタWEB』の記事がこのたび公開されました。学生の方の進路の参考となるような様々な職業が紹介されるウェブサイトで、職業「竹工芸家」としてご紹介いただいております。

 

 本編と番外編、ふたつの記事に分かれており、どちらもボリュームのある記事です。私の話が果たして若い方の参考になるのやら不安もありますが、多少なりとも進路選びのお役に立てば良いなと願っています。

 

 また、私個人とは関係ありませんが、職種ガイドとして、竹工芸家はこんな職業でどのように目指すことができるか、といった一般論的な案内も同サイト内にありました。

 

 私の学生時代には「竹工芸家」という進路は、なかなか選ばれることの少ない、そもそも存在すらもふつうには知りえない進路だったように思うのですが、マイナビというメジャーな進路案内にひとつの職業として紹介される、しかもそれが自分だということが、取材を受けてみて最も驚いた点です。時代は変わりました……

 

私の学生時代には竹工芸家という進路はマイナー中のマイナーでした
私の学生時代には竹工芸家という進路はマイナー中のマイナーでした

 ところで、一日のスケジュールについての質問に対して、やや見栄を張って答えてしまったというか、学生さんにマイナスな業界イメージを持たれないよう、夜間の作業は「必要に応じて」と答えたのですが、「必要に応じる」結果となる場合はしばしばありますと、ここに小さく付け加えるとともに、今後の自分自身の労働環境改善を目指したいとおもいます。

 

 取材記事に使用されている写真について

 プロフィール写真は、このHPのプロフィール写真とおなじく山口明宏さん撮影によるもの(今月6月は福岡で、7月は東京で彼の写真展があります)です。また、美術館に収蔵された作品の写真はAoki TakeshiさんとShinozaki Hanaeさんによる撮影です。(制作中の籠の写真だけ私が自分で撮った写真です)謝してここに記します。

 

◯【シゴトを知ろう】竹工芸家 編

 

◯【シゴトを知ろう】竹工芸家 番外編