新しい試みについて

 仕事の進め方について、少し方法を新たにする試みをします。

 

 これまでは、こちらのHPより制作についてお問い合わせをいただくつど、それぞれ個別に制作をいたしておりました。そうした受注も継続いたしますが、もうひとつの方法を用意したいと考えています。

 

 それは、日用品の籠や、茶の湯の道具の中で、私の定番となりつつあるいくつかの籠について、画像をこちらのBLOGに掲載し、一定の期間のあいだ、ご希望の方々より受注をいたしまして、年末年始から来春にかけて順次お届けするという、より主体的な方法です。

 

 一からご相談をされたい方がいらっしゃる一方で、そうしたご注文方法ではかえってハードルが高いと感じられる方もいられるようです。ですから、ある程度のメニューを私のほうで決めてご提案しようという、そうした試みです。


四つ目の竹籠もつくります
四つ目の竹籠もつくる予定です

 また、受注制作以外にも花入などの完成品の一部について、BLOG上での展覧会のような形でご覧に入れて、ご希望の方にお分けするといったことも考えています。

 

 いずれの方法も、ある程度の期間を区切って、その時期ごとに納品をしてゆくという形になると思います。(あまり無制限に行うのはよくないような気がしますので、期間や種類と数量に制限を設けつつ)

 

 ことしは展示の停止をして、制作により専念する時間をつづけてきました。このまま少なくとも年内は個展をせず、つぎの機会もまだしばらく先になると思います。ですから、展示の代わりになりうるような何かを、このタイミングで試みたい考えがあり、私の仕事を求めてくださるかもしれない方と、何かの形でコンタクトを取ることができればと考えています。

 

 詳しいことは、具体的な実行の際に。10月ははやくも中旬に差し掛かり、年内もわずかという気配が感じられてきました。