煤竹の箸が仕上がりました

煤竹箸と煤竹の箸置き
煤竹箸と煤竹の箸置き

 竹を削るところから拭き漆を重ねるところまでに、一ヶ月ほどを費やしました煤竹の箸が仕上がりました。また、同じく煤竹を素材とした箸置きもご用意しました。それぞれの寸法や価格について、写真とともにお知らせをいたしまして、しばらくのあいだご予約をお受けします。

 

 記事の最後に「Contact」というメッセージフォームへのリンクボタンがございますので、お問い合わせにつきましてはお手数ですがそちらよりご連絡をお願いいたいます。(メール以外のSNSのコメント・メッセージ等でのご予約はお受けできません。あらかじめご了承くださいませ)

 

 では、箸の詳細を。


煤竹箸の持ち手の端と節
煤竹箸の持ち手の端と節

 箸の素材の「煤竹」とは、草葺の屋根の古民家で百数十年ものあいだ屋根を支えた古材の竹のことです。茶杓や茶筅、竹花入といった茶の湯の道具の素材などとしても珍重される貴重な材ですが、近年は数が少なくなっており、とくに箸の素材になるような肉厚で真っ直ぐな、しかも太い竹はとりわけ貴重となりました。

 

 数が少ない本物の煤竹のかわりとして、新しい竹に人工的に圧力をかけながら短時間で褐色に燻した竹もつくられていますが、私が用いている煤竹は、実際に古民家において長い年月を経て生まれた煤竹です。

 

 本物の古材でございますので、竹の表面には細かなキズや、新しい竹にはないような様々な模様、色味の変化が一点ずつにございます。使用に差し支えるおそれのある部分は除いておりますので、それらの固有の変化を素材の個性や歴史としてお楽しみいただければ幸いです。

 

 そうした煤竹を小刀で削り、幾つかの目の細かさのサンドペーパーを順にかけ、布で磨いたのち、さらに半月ほどをかけて拭き漆を重ねて仕上げています(半透明の漆を塗っては拭き取り、薄い皮膜をつくって一日から数日のあいだ硬化させます。その上からまた漆を塗って......を半月ほど繰り返して完成です)。箸の手元を持ったときに角を感じにくい程度に面取りをしています。


煤竹箸の細い先端はごくわずかに丸みを帯びています
煤竹箸の細い先端はごくわずかに丸みを帯びています

 煤竹は、拭き漆をせずとも、箸としてお使いになるのに支障はないものですが、貴重な素材ですので少しでも長く使えるよう、また使いはじめの撥水などを意識して漆を施しています。漆の塗り箸とは異なり、竹の質感がしっかりと感じられる仕上がりで、ツルツルした感じではなく、食べ物をつかみやすい使い心地が残っています。拭き漆の層は薄いので、つかううちに、口に入る先端から徐々に摩滅をしてゆきます。

 

 箸置きは直接に口に入れるものではなく、水分に触れる頻度も低いので、木地のまま、なるべくシンプルに仕上げました。のちほど写真を掲載しますが、濃淡の二色になったものと、一色のものとの二種類がございます。箸に比べて面取りを控え目にし、四角い印象を残しています。


裏返すと漆の色味がわかります
裏返すと漆の色味がわかります

◯ およその寸法、そして価格について記します

 

◯ 煤竹箸

・ 長さ......22センチ

・ 幅と厚み......節の具合などで個体差がございますので、あえて寸法を記しませんが、手元の部分では幅よりもやや厚みのほうが寸法が大きくなっています。

・ 価格......一膳 6,000円+税

※ 定番品ではございませんので、価格はそのときどきで変わります

※ 箱は付属しませんが、ご希望がございましたら桐の箸箱をご用意することができます(一膳用、二膳用、それぞれ箱代別途)

 

◯ 煤竹箸置き

・ 幅......5センチ

・ 奥行き......0.5センチ

・ 高さ......0.4センチ

こちらは、できるだけ誤差の少ないように削っており、価格を抑えるために最小限の仕上げにしています。

・ 価格......二色のものが一点 700円+税、一色のものが一点 500円+税

 

※ 下の写真の上の方の三点が700円の品、左下の三点が500円の品です。色味は写真のとおり、一点ずつ異なり、写真に写っていないものもそれぞれ異なります。色の指定はお受けできませんが、ご希望がありましたら、できるだけ添えるよう努めます。

 

いずれも、封書の郵便でお送りし、今回はお届け先については日本国内のみとさせていただきます。

 

◯ 送料について

通常は品物の代金に加えて別途送料を頂戴します。ただし、今回は本日より10/22(日)までの十日間にご注文いただきました品については、上記の封書での送付にて送料無料でお届けいたします。箸のほか、箸置きのみのご注文でも同様です。(宅配便やレターパック等、別の体裁をご希望の場合にも配送の対応をいたしますが、その場合には送料を頂戴いたします)

 

◯ 数量について

今回、秋に向けて削った箸の数には限りがございます。また、素材の特性上、次回についてのご予約はお受けできない場合がございます。品切れの際には、どうぞご容赦くださいませ。


煤竹の箸置き
煤竹の箸置き

 最初の十日間のご注文分につきましては、ご入金をいただきましたものから、10/23(月)以降に発送をいたします。

 

 こちらのHPにはショッピングカートなどは設けておりませんので、すべてメールのやり取りでご連絡をさせていただき、お支払い方法等につきましてもその中でご案内をいたします。

 

 メールのやり取りとお支払い、そしてお手元に届くまでには時間が少々掛かりますけれども、そうした手間や時間を前向きにとらえて下さる方に、お求めいただければ幸いでございます。

 

 なるべく詳しく記したつもりですが、何か抜け落ちている点がありましたら、そちらも以下の「Contact」よりお問い合わせくださいませ。

 

 たいへん長文を最後までお読みくださり、ありがとうございます。煤竹箸、煤竹箸置きとも、ご注文をお待ちいたしております。