煤竹の取り箸が仕上がりました

 

 煤竹箸と胡麻竹の箸につづいて、煤竹の取り箸が仕上がりました。すでに掲載しました二種類の箸についてはリンクを以下に。

 

→「煤竹の箸が仕上がりました

 

→「胡麻竹の箸が仕上がりました

 

 今回、こちらに掲載します煤竹の取り箸は、扱いやすさをそこなわいない範囲で太めに、がっしりとした姿に削っております。仕上げは他の二種類と同じく拭き漆を重ねました。

 

 まずは煤竹箸と、煤竹の取り箸を並べた写真から。


煤竹箸(左)と煤竹の取り箸(右)
煤竹箸(左)と煤竹の取り箸(右)

 左の煤竹箸が長さ22センチで、右の取り箸が長さ24センチです。煤竹は百数十年を経た古材ですので、色味はさまざま、表皮には古い傷がある場合もございます。使用に差し支えるような傷のある部分はあらかじめ除いていますので、傷もそれぞれ固有の景色としてとらえていただければとおもいます。


左から、胡麻竹の箸、煤竹箸、煤竹の取り箸
左から、胡麻竹の箸、煤竹箸、煤竹の取り箸

それぞれの箸の手元
それぞれの箸の手元

◯ 煤竹の取り箸の寸法と価格を記します。

 

・ 長さ......24センチ

・ 価格......一膳 8,000円+税

※ 定番品ではございませんので、価格はそのときどきで変わります。

※ 箱は付属しません。

 

◯ 送料について

郵便での必要送料を頂戴します。(お届け先は日本国内のみとさせていただきます)

 

◯ 数量について

煤竹はたいへん長い時間を経た古材で、取り箸に使えるような特に肉厚で太い竹はほとんど手に入りません。次回のご予約はお受けできない場合がございます。品切れの際にはどうぞご容赦くださいませ。


それぞの箸先(右端が取り箸です)
それぞの箸先(右端が取り箸です)

 箸の先端の太さは、胡麻竹がもっとも細く、煤竹の取り箸がもっとも太くなります。

 

 こちらのHPにはショッピングカートを設けておりません。すべてメールのやり取りでご連絡をさせていただき、お支払い方法等につきましてもその中でご案内をいたします。

 

 品物がお手元に届くまでには少々時間が掛かりますけれども、そうした時間を前向きにとらえて下さる方にお求め頂ければ幸いでございます。

 

 最後までお読みくださり、ありがとうございます。ご注文をお待ちいたしております。