2018年には竹工家としての個展をします

 

 十二月の東京では、例年よりも寒いと感じる日がつづいています。今年の残りもあと十日余りとなりました。

 

 2017年は個展を行わず、展示への参加も控えめのまま、一年を終えようとしているところです。

 

 迎える2018年には個展を行います。

 

 できれば複数回、もっといえば三回ほど行いたい気持ちもあります。そして、できればすべての個展に連続して足を運んでいただきたいと考えています。

 

 具体的に進めている予定としては、春に最初の展示を行うつもりで準備をしています。まずは東京都内から。もしもチャンスがあれば、東京以外の場でも行いたい気持ちがあります。そして一年後の冬に、いちばん大きな展示を行うことができれば上々です。


網代編みの竹籠の編み目
網代編みの竹籠の編み目

 いずれにしても、最初の展示がまずは大事。

 

 四月に行う構想の個展がうまくゆかねば、二回、三回とつづけてゆくことができませんので、通常の仕事と並行しながら、冬の間に一歩ずつ準備を進めることになります。

 

 最初の展示を行うであろう場所は、ことしの夏にたまたま訪れることができた場所で、そこでならばよい時間を作ることができそうな予感があります。

 

 2018年の4月中旬、東京のどこかにあるその場所でお会いできる日まで、しばらくは潜りつづけます。