はじめて経験すること

 

 今週の東京は雪にはじまって、最低気温は連日氷点下となっています。

 

 氷点下4度を東京で記録したのは実に48年ぶり。つまり私にとって初めて経験する寒い冬ということになります。きょうは昼間の気温もほとんど上がらず、昼も夜も寒いままの時間が長くつづいています。

 

 ふだん、電子機器の動作保証温度について気にすることは、暑い夏以外にはほとんどありませんが、これだけ寒くなると保証温度の範囲を外れてしまうことがあるようです。PCの充電ができなくなったり、いまも挙動がスローだったりと機械も寒いのは苦手のよう。私の部屋が寒いのがいけないのですが。(いちおう暖房は入れています)


霜や氷、氷柱まで見られる東京の冬はめずらしい
霜や氷、氷柱まで見られる東京の冬はめずらしい

 例年の東京では、霜柱や水面の氷を見ないまま冬が終わることはままあり、そうした暖冬には少し寂しい気持ちがします。ことしは十二月から霜も氷も見つづけて、今週は雪、しまいには氷柱も見ました。冬の風情はすでにじゅうぶんに味わったと言えます。

 

 低温によって機械の挙動がおかしくなるのと同じように、心身の働きにもなんとなく影響があるような気がしてきました。この冬は、白湯やあたたかい飲み物をいつも以上に気をつけて摂っています。

 

 まだまだ寒い日がつづきます。皆様もどうぞご自愛ください。