「コーヒーと焼き菓子」展が水道ギャラリーではじまります

 

 2月7日よりはじまる「コーヒーと焼き菓子」展に、煤竹の菓子切り「ささのは」が参加します。

 

 会場は東京都文京区にある「水道ギャラリー」。削りたての菓子切りを納品いたしました。会期は2018年2月7日(水)から18日(日)の、各日11:00~17:00です。

 

水道ギャラリーHP コーヒーと焼き菓子 展(器やお菓子のきれいな写真がたくさん掲載されています)


コーヒーと焼き菓子と菓子切りと
コーヒーと焼き菓子と菓子切りと

◯ 作家

都築明(カップ・菓子皿)、村上祐仁、二川修(カップ・菓子皿)、大上裕樹(カップ・菓子皿)、sabi-nuno 村上慶子(サビ布コースター、テーブルライナー)、竹下鹿丸(カトラリーレスト)、初田徹(菓子切り)

 

◯ 焼き菓子

nokiko takahashi(イチジクとピスタチオのチョコレートケイク、お魚のラム酒クッキー)、ぱうん堂(日替わり焼き菓子)

 

◯ 会場:水道ギャラリー

東京都文京区 水道2-6-8(最寄駅は有楽町線の江戸川橋駅ですが、東西線の神楽坂駅からも歩けます)

 

 私は作家としての出品(煤竹の菓子切り「ささのは」)のみで、在廊はしておりません。会期中は削りたての菓子切りが会場に並び、器や焼き菓子と合わせてお手にとっていただくことができます。

 

 私の菓子切りは、茶席や和菓子だけでなく、椅子に座って洋菓子やコーヒー・紅茶と合わせてお使いいただくことも考えて削っております。実際にテーブルの上でつかう場面に近い形で展示していただく機会は、ありそうでなかなかないもの。ぜひ、この機会にご覧くださいますと幸いです。