素材ごとのかたちを愛でる

 

 最低気温が氷点下の日がつづき、0℃や1℃くらいでは暖かいと感じるようになりました。おそらく体の勘違いとはいえ、慣れは恐ろしいものですね。

 

 今年は仕事の種類を少し絞ろうと思いつつ、これまでにやったことのない仕事や、経験の少ない素材に触れたりと、なんだかんだと手は広がったまま二月を迎えています。


削り屑:素材ごとに生まれる形や色
削り屑:素材ごとに生まれる形や色

 作品や仕事として残るかたちが、自分自身の目を愉しませるのは当たり前ながら、仕事には残らない副産物たる削り屑もまた、即興の形や色がとりどりに愉快なものです。

 

 二月という月は苦手な月のひとつですが、苦手苦手と言っていないで、楽しみな月のひとつにしたいなと、例年になく今年は考えていて、一日一日が楽しみな日でありたいと願いながら、素材ごとのかたちを愛でています。