8月以降の竹工芸の仕事、展示の予定について

 

 8月になりました。相変わらず猛暑で明日以降も暑いようです。今後、秋にかけての竹工芸の仕事、展示の予定についてお知らせいたします。

 

 9月中旬の週末に、個展を催します。9月14日(金)15日(土)16日(日)の三日間、場所は東京都内のギャラリーです。作品のほとんどが新作になります。

 

 前回、4月の個展『カタチノタネ』ではテーマを広く持って展示をしましたが、次回以降はテーマを絞って、掘り下げて展示をしてゆくつもりです。

 

 個展はおそらくあともう一回、年末に近い時期に行いますが、それぞれテーマは異なります。ですから、ぜひ両方の個展について気にしていただけたら、足を運んでいただければと思います。

 

 個展の詳細は8月後半頃にお伝えできるかと思います。まずは早めに予定をお伝えして、ぜひ手帳にメモしていただこうということで、概要だけ。


六つ目編みの竹籠の編みはじめ
六つ目編みの竹籠の編みはじめ

 個展のほかの予定について。

 

 今年はお受けしているご注文品の制作と、お取扱店への納品を中心に日々を送ってきました。今後もその継続をしてゆきます。しばらく前にお受けした品々を、先月、今月と順次お届けしており、一区切りがつきましたら、9月の個展の準備に集中するつもりで、冬にかけては個展の準備に仕事の比重が移ってゆくことになりそうです。

 

 今年は「年内に3回個展をやります」ということを中心に活動しており、各方面にご迷惑をお掛けしているところもあろうかと思います。前半に1回、後半に2回ですから、後半の方が余裕がなくなりそうです。仕上がった作品で応えてゆかれればと。


4本の竹ひごで三角形がふたつ。籠のもと
4本の竹ひごで三角形がふたつ。竹籠のもと

 ところで、内容と関係なく写真を並べています。六つ目編みの籠の編みはじめです。

 

 六つ目編みは、六角形の編み目が特徴的ですが、この写真から分かるように、三角形が基本の編み方です。


6本の竹ひごで、ようやく六つ目編みの籠らしく
6本の竹ひごで、ようやく六つ目編みの籠らしく

 6本の竹ひご、6本の線のなかに、三角形はいくつあるでしょうか?

 

 下の方に小さな三角形、その上には中くらいの三角形や、大きな三角形も見えますね。こういう図形のクイズ、子どもの頃にはよくやりました。


六つ目編みの竹籠の、最初の編み目が完成しました
六つ目編みの竹籠の、最初の編み目が完成しました

 6本の竹ひごの編み目を詰めて、六角形の周りに6つの正三角形ができたら、最初の編み目の完成です。あとは順次、編み目を増やしてゆきます。

 

 編み目の増えた状態も、少し先にまたブログでお見せできるかもしれません。(予告したまま忘れるパターンが多いような気もしますけれど......)


 おしまいに、大事な話を改めてお伝えいたしますが、8月以降の年内、活動の中心はふたつの異なる個展です。

 

 まずは9月中旬の週末、9月14日(金)15日(土)16日(日)の三日間です。少しだけ予告をいたしますと、大きなテーマは「茶」になります。

 

 詳しくはまたあらためて。どうぞ、おたのしみに。