2012年中秋の月と3時間の展示

 

 きょうも雨が降っています。相変わらずよく降るもので、蓄えている竹が少々心配です。9月はこのまま雨の月で終わることになりそうです。

 

 今から6年前、2012年9月30日は中秋で、夜遅くになって月を見ることのできた晩でした。


2012年9月30日中秋の月
2012年9月30日中秋の月

 2012年中秋の月、それは台風が過ぎたあとの月で、私の3時間かぎりの小さな展示のあとに見えた月です。

 

 2012年の前半は、控えめに言ってもどん底と言ってよいもので、この中秋の夜、3時間だけの展示は、巻き返しを図った逆襲の一手でした。

 

 当日、よく晴れた昼を過ぎると、空はにわかに曇りだして、私の3時間には見事な台風が直撃をしました。それでも10人ほどの友人知人が豪雨の中を訪れてくれて、無事に展示を終えて片付けをすると、空にはこの名月を見つけることができました。

 

 台風のおかげで展示としては失敗に終わったことも、むしろ清々しい気持ちさえして、10月からの私の運は一転して上向いていったように思います。

 

 あれから6年が経とうとしています。良いこともあれば、そうでないこともあり、雨がつづく日もやがて終わります。そして晴れの日、雪の日も、いつかはすべてが終わりを迎える......

 

 あといくつの満月を空に見つけることができるのか、それはわからないことですが、丸い月は常にそこにあって、その月の下で私は自分の命をつかいます。