初田徹 個展「茶杓を削る、籠を編む」を12月8日(土)より開催いたします

 

 ことし最後の個展のお知らせをいたします。

 

 個展「茶杓を削る、籠を編む」を12月8日(土)より、9日間の日程で開催いたします。久しぶりの長期間の個展です。

 

 We will hold Solo Exhibition for 9 days from December 8. It is planned to be the most fulfilling content of this year's my bamboo art exhibition. 

 

◯ 会期:2018年12月8日(土)~16日(日)

 

※ 会期中は10日(月)と13日(木)の2日間が作家不在、そのほかの7日間は作家在廊の予定です。なお、ギャラリーは会期中無休です。 

 

◯ 時間:11:00~18:00

 

◯ 会場:ギャラリー壽庵

東京都 杉並区 西荻窪 4-5-22(JR 西荻窪駅 北口より徒歩約10分)


2018年最後の個展は12月8日からの9日間です
2018年最後の個展は12月8日からの9日間です

 今回の個展の主題はふたつあります。竹を削ること、そして編むこと、ふたつの方法による造形を展示します。

 

 削りの仕事としては茶杓を軸に、ペーパーナイフや菓子切りなど、そして筒状の竹花入も少し。編む仕事としては、過去の個展とはかなり様相の異なる造形に挑戦しています。

 

 ことしは春の個展「カタチノタネ」を皮切りに、それまでの仕事を基盤にしながらも、自分にとっては新しい仕事の形、展示の形を模索してきました。

 

 その一年間の締めくくりをし、さらに来年につなげてゆく展示です。何年かぶりに個展へ足を運んでいただく方には、かなり印象の異なる内容になるかもしれません。

 

 おそらく来年も複数回の個展をおこない、さらに一段、二段、変わってゆく形をご覧いただくことになると思います。今回は、ことしの集大成であり、来年の基盤となる個展です。ぜひご来場ください。


ギャラリー壽庵へはJR西荻窪駅の北口より徒歩で
ギャラリー壽庵へはJR西荻窪駅の北口より徒歩で

 会期中の二回の土日には、開場から閉場まで在廊する予定です。平日にはおそらく1、2日ほど休みをいただくつもりです。具体的な日時は確定し次第、ブログ、SNS等に記します。

 

 お陰様で、ことしのふたつの個展は短い会期ながらたいへんよい形で終えることができ、今回の個展に繋げることができました。今回は久しぶりに美術ギャラリーと力を合わせての9日間の個展ということで、こちらもよい形で実現をして、来年への布石にすることができればと考えております。

 

 個展まではちょうど二週間、まだ時間がありますので、よりよい展示となるよう、制作をつづけます。会場で皆さまとお会いできますことを楽しみにいたしております。