一輪挿しの籠、九月へ

 

 こんばんは。ようやく蝉の鳴き声が聞こえるようになりました。梅雨明けはまだです。

 

 茶杓や菓子切りの写真がつづいていましたが、竹籠もつくっています。九月になりましたら手にとってご覧いただける機会が訪れるでしょう。


網代編みの竹籠は一輪挿しに(竹工芸家 初田徹)
網代編みの竹籠は一輪挿しに

 籠を編むための竹ひごづくりはとことん地味で、苦行にも似たところがありますけれども、籠を編む工程は楽しいものです。形があらわれてくるのはやはり嬉しいもの。

 

 編むところを通り過ぎて、縁を付けたりの仕上げの工程に進むとまた難儀が待ち構えていますが、いまはいったん忘れて、編みます。

 

 

 ほんとうの夏もまだやってこないのに、すでに心は秋の花を見ています。