籠と花 展のお知らせ:9月12日(木)より学芸大学駅 MIN jewelry & craftsにて

 

 9月に参加するふたつめの展示のお知らせです。

 

 9月12日(木)より、MIN jewelry & craftsではじまります「籠と花 展」に参加します。

 

◯ 会期

2019年9月12日(木)~15日(日)および

2019年9月19日(木)~22日(日)

13:00~19:00

木・金・土・日の4日間×2週の日程です。

 

14日(土)は17:00~20:00にレセプションパーティがございます。(詳細後述)

 

◯ 会場

MIN jewelry & crafts

東京都 目黒区 鷹番3-5-6-2F

(東急東横線 学芸大学駅 西口より徒歩3分)

 


「籠と花 展」 学芸大学駅 MIN  2019.9.12-15 & 9.19-22(東京竹芸術祭 2019)
「籠と花 展」 学芸大学駅 MIN 2019.9.12-15 & 9.19-22

 春に個展を開催させていただいた MIN jewelry & craftsで、今回は大きな企画へ一作家として参加する形になります。「籠と花」というテーマの本展ではフラワースタイリストの平井かずみさんが、竹工芸に花を生けてくださいます。

 

 私は小さな花入、花籠、竹茶杓、菓子切り等を出品します。茶の湯、そして日用に適う道具を多数用意しました。私の担当する展示のスペースが限られておりますので、並びきらない品もあるかと思います。お探しの品がありましたら、お店のスタッフにお問合わせください。

 

 14日(土)夕方(17:00~20:00)に予定されているレセプションには、私も参加する予定です。当日の日中は名古屋での展示にも滞在予定で、東京でのレセプション開始の17時には少々遅れる可能性がございますが、なるべく早く到着できればとおもいます。

 

 また、竹工芸収集家の斎藤正光さん、フラワースタイリストの平井かずみさんも在廊されるとのこと。レセプションはどなたでも参加いただけますので、お時間がございましたらぜひご来場ください。

 

 * * *

 

 MINのサイトより、本展についての告知を引用します。

 

近年、日本の竹工芸は国内外の美術館で展覧会が開催されるごとにその人気は高まり、一昨年のメトロポリタン美術館の展覧会には約45万人もの来場者を記録しました。

 

そして本年、その展覧会が日本を巡回し、2019913日より国立近代美術館で開催されます。

この展覧会に連動した『東京竹芸術祭 2019』は、東京とその近郊の22箇所のギャラリーで開催され、MIN jewelry & craftsは「籠と花展」と題した展覧会で協賛いたします。

 

展示の花籠にはフラワースタイリストの平井かずみ氏が季節の花を添えます。さらに三宅一生氏のパリコレやティナ・ラッツ氏のジュエリー制作にも携わり、海外にも多くのファンを持つ小菅小竹堂氏の代表作も、特別展示できることとなりました。また、竹工芸家・初田徹氏が手がけた日用の道具もご覧いただけます。

 

現代的な美を宿した竹工芸を、この機会にお楽しみいただければ幸いです。 

 

 * * *

 

 一週間後には展示がはじまっているのですね。どのような竹工芸が出品されるのか、私としても楽しみです。ぜひご来場ください。