煤竹の菓子切りと茶杓、私にとっての両者の関係

 

 煤竹の菓子切り「ささのは」そして煤竹の茶杓は、竹工芸家である私にとって、削りの仕事の両輪となっています。

 

 ときどき、白竹や煤竹から箸を削ったり、ペーパーナイフを削ることもありますが、常に削りつづけているのは菓子切りと茶杓です。


煤竹菓子切り「ささのは」と煤竹茶杓(竹工芸家 初田徹 作)
煤竹菓子切り「ささのは」と煤竹茶杓(初田徹 作)

 菓子切りを削ることで茶杓が生まれます。茶杓で身につくものが、また菓子切りを生かします。そして削りは籠へ、籠また削りへ。

 

 いくつもの場所を行き来しつづけることが、創作の動力になります。