竹籠と時計草。秋晴れの日に

 

 雨つづきの十月。久しぶりに気持ちの良い晴天となりました。まさに秋晴れといった暖かな日です。昼には蕾だった時計草が、夕方の低い日差しのなかに堂々たる花を咲かせています。


時計草の花がひらきました
時計草の花がひらきました

 南の国をルーツとするこの花と、日本の竹との相性は悪くなさそうです。妖艶ともいえる独特の花の色と形が、実直な竹の節目と思いのほか調和します。


整列した竹に時計草の花を(竹工芸家 初田徹 作)
整列した竹に時計草の花を(初田徹 作)

 かなり個性的な姿を見せるこの花のことを、むかしは少々苦手におもっていましたが、いまはむしろ興味深く眺めることができます。対人関係、対物関係、いずれにおいても、気がつくと苦手を克服していることは花にかぎらず起こることですね。これを成長と言って良いでしょうか。


時計草の花にぐっと寄って
時計草の花にぐっと寄って

 すがすがしい秋晴れも一瞬のことで、つぎなる台風が迫っているそうです。大きな災害にならぬことを祈るとともに、その後にはこんどこそ秋らしい陽気がやってくることを、切に願っています。