十月末、残る紫陽花に花ひらく石蕗

 

 十月の末となりました。晩秋らしい穏やかな陽気です。あと二ヶ月で今年が終わるかとおもうと、なすべき制作と照らし合わせて心中は穏やかではありません。

 

 それでも、道々の花は心を和ませてくれます。


まだ花の色を残す紫陽花(竹工芸家 初田徹 BLOG)
まだ花の色を残す紫陽花

 ほとんどの紫陽花は、白く枯れた花を残すばかり。そのなかに、いまだに色濃く花の色を残す紫陽花も。夏に目にする紫陽花の、透き通ったような色とは異なり、あたかも紅葉かのような秋らしい色になっています。緑の葉も虫喰い少なく深い色。


石蕗の花の蜜を集めに(竹工芸家 初田徹 BLOG)
石蕗の花の蜜を集めに

 足元にはツワブキの花が咲き始めています。初冬の花。景色の寂しくなる季節には貴重な黄色の花は、明るいというよりも、深く艶のある緑の葉と合わせて、落ち着いた和の雰囲気を感じる植物です。

 

 蜜を採りに集う虫は、蜂の仲間でしょうか。刺されてはかないませんので、素早く退散。

 

 冬も遠出の機会はなく、制作の時間がつづきます。ちょっとした空き地に咲く花、花は咲かずともただそこに生きている草花が、とてもありがたい季節です。