『nice things.』2019年3月号と夏ノ庭

 

 こんばんは。今夜は満月ですが東京はあいにくの雨です。

 

 竹の日用品をお取扱いいただいている、鹿児島 美山の「夏ノ庭」さんが雑誌『nice things』3月号に掲載されています(p.58-63)ので、お知らせいたします。


雑誌『nice things.』2019年3月号「暮らしのデザイン」
『nice things.』2019年3月号「暮らしのデザイン」

 「夏ノ庭」は暮らしの道具を扱うギャラリーであり、また喫茶室でもあります。店主の吉田耕平さんは、木工の作家であり、また音楽家でもあります。

 

 私の定番の道具である、煤竹の菓子切り「ささのは」を取扱ってくださるお店であり、まもなくペーパーナイフなども取扱いがはじまります。


雑誌『nice things.』より夏ノ庭
雑誌『nice things.』より夏ノ庭

雑誌『nice things.』より、夏ノ庭店主の吉田耕平さん
雑誌『nice things.』より、夏ノ庭店主の吉田耕平さん

 吉田さんとは東京で一度お会いしました。私の小さな個展に遊びに来てくださった時には、まだ東京で活動する木工家でいられました。

 

 鹿児島の美山へ移られてからは、きっと東京の時とは異なる吉田さんで、美山という町にあるからこその良い時間を得ているのではと想像しています。

 

 雑誌『nice things.』2019年3月号、特集「暮らしのデザイン」。書店でお見かけの際にはお手にとってご覧くださいましたら幸いです。

 

 なお、煤竹の菓子切りやペーパーナイフは、近いうちに削りたてを納品いたします予定です。

 

竹の日用品の取扱店一覧