鯉のぼり、こどもの日

 晴天のつづく東京、幸いなことに、こどもの日もよく晴れました。

 

 生まれてこのかた、隣家とじゅうぶんに離れていて広い庭のあるような大きな家に暮らしたことがなく、したがって自宅に堂々たる鯉のぼりが泳ぐさまを眺める機会もないまま大人になってしまいました。

 

 じぶんの子どもがいる立場でもありませんので、その機会はとうぶん先になりそうですが、端午の節句といえば鯉のぼりという刷り込みは強いものです。

 

 今日では、家々の屋根のうえというよりも、公園や河川など公共の場の鯉のぼりを目にすることが多いですが、それぞれの家では手に負えないような大きな鯉のぼりを「シェアする」という有り様も、それはそれで見ごたえがあってよいものですね。

 

 

五月晴れと鯉のぼり
五月晴れと鯉のぼり