雑誌『GINZA』2019年1月号掲載のお知らせ

 

 雑誌『GINZA』2019年1月号(マガジンハウス)に仕事の掲載をいただきましたのでお知らせいたします。おなじく掲載いただきました発売中の雑誌『Casa BRUTUS』とともにマガジンハウスの雑誌です。偶然です。

 

 お世話になっている学芸大学のギャラリー「MIN jewelry & crafts」さんの紹介記事で、取扱品のひとつとして私の菓子切りを掲載いただきました。巻頭の記事の2番目、25ページです。


雑誌『GINZA』2019年1月号は書店に並んでおります
雑誌『GINZA』2019年1月号は書店に並んでおります

『GINZA』p25です。モエ・エ・シャンドンの広告が目印
『GINZA』p25です。モエ・エ・シャンドンの広告が目印

 私が不定期に作っている特別仕様の菓子切り、金箔装飾を施した「夕星」の中でも、とくに珍しい竹を用いて限定数で作った品です。

 

 細かな点状の景色が入っためずらしい黒竹を、たまたま1本だけ入手し、そこから良い部分だけを選んで菓子切りとし、金箔装飾を施しました。

 

 いつもは淡褐色の煤竹を用いて夕空の星のイメージでつくっておりますが、今回は点状の黒地に金箔を重ねることで、冬の夜空に流星がつぎつぎと降り注ぐような景色になりました。

 

 かなり細い竹で、傷んでいる部分も多かったので制作数がたいへん少ない品です。すべて納品しましたので、店頭在庫のみでこの景色の「夕星」はおしまいです。1点ずつ桐箱に入っておりますので、ご贈答用にも。

 

 また、同店では茶杓も取扱い頂いております。そちらも合わせてご覧くださいましたら幸いです。


ファッション・デザイナーのような(笑)『GINZA』p.25
ファッション・デザイナーのような(笑)『GINZA』p.25

 ところで、『GINZA』の掲載記事のキャプションをじっくり見ると、名前の表記が「初田 徹」ではなく「トオル・ハツタ」(!)

 

 「カズオ・イシグロ」あるいは「イッセイ・ミヤケ」といった名前が思わず脳裏に。私もそろそろノーベル文学賞候補でしょうか。

 

 このあたりも含めてお楽しみいただければ幸いです。ことしは紙の雑誌に様々な形で繰り返し掲載していただき、とても嬉しいです。来年も機会があると良いなと思います。

 

 学芸大学のMIN jewelry &crafts(ミン ジュエリーアンドクラフツ)は、東急東横線の学芸大学駅西口より徒歩3分、目黒区鷹番 3-5-6-2Fです。