11日 12月 2018
マガジンハウスの雑誌『Casa BRUTUS』2019年1月号「茶の湯とデザイン。」に茶杓が掲載されました。お世話になっている京都のギャラリー日日の取扱作品として......
10日 12月 2018
西荻窪のギャラリー壽庵での個展「茶杓を削る、籠を編む」がはじまりました......
05日 12月 2018
煤竹のペーパーナイフ、長い長いペーパーナイフを削ります......
04日 12月 2018
「個展が終わってから」このセリフは工芸家が、しばしば口にする言葉ではないでしょうか......
01日 12月 2018
2018年最後の個展「茶杓を削る、籠を編む」が目前となりました。会期中の在廊予定についてお知らせいたします......
28日 11月 2018
煤竹の面に線で輪郭を描かずとも、削りをすすめるなかで輪郭は生まれます......
27日 11月 2018
茶杓をめぐる随想、2018年11月27日。茶杓の輪郭のことなど......
26日 11月 2018
竹工芸家にとっての贅沢とは、美しい竹と出会い、仕事において存分に生かすこと。そしてそれを継続させることだとおもいます......
23日 11月 2018
竹工芸家 初田徹 個展「茶杓を削る、籠を編む」を2018年12月8日(土)より16日(日)まで、9日間の日程で開催いたします......
21日 11月 2018
拭き漆をほどこした煤竹箸が仕上がりました......

さらに表示する