日用の道具


 

 煤竹を素材にした日用の道具を作っています。茶の湯の道具の延長のような気持ちで、古材の煤竹の美を生かすように。

 

 私の定番として削りつづけているのが、煤竹の菓子切り「ささのは」です。いくつかのお店にて常設で取扱いがございます。また、ペーパーナイフや煤竹箸はふさわしい素材が手に入った場合に不定期に制作しております。最新の制作状況についてはHP内のブログでお確かめください。


煤竹の菓子切り「ささのは」は私の定番品です
煤竹の菓子切り「ささのは」は私の定番品です
菓子切りの煤竹の古色は一点ずつのものです
菓子切りの煤竹の古色は一点ずつのものです

古材の煤竹を集めて、磨き、良質な部位を選びます
古材の煤竹を集めて、磨き、良質な部位を選びます

 

 定番の「ささのは」を軸に、金箔装飾を施した菓子切り「夕星」など特別な品も不定期に制作しております。ときに取扱店で、あるいは個展の機会にお求めいただくことができます。

 

 素材の煤竹はすべて古材で、江戸の終わりから明治時代に建てられた古民家において、百数十年以上を経過した竹を用いています。


煤竹のペーパーナイフは30センチほどの長さから、半分ほどの寸法でも
煤竹のペーパーナイフは30センチほどの長さから、半分ほどの寸法でも

 

 おなじく煤竹を用いたペーパーナイフも、不定期で制作しております。菓子切り以上に素材が限られますので、良質な素材が得られた時に制作し、取扱店を通じて、あるいは個展の機会にお届けします。


◯ それぞれの取扱店について

 

 煤竹の菓子切り「ささのは」

 

・東京「OUTBOUND」武蔵野市 吉祥寺本町 2-7-4-101

・東京「MIN jewelry &crafts」目黒区 鷹番 3-5-6-2F

・東京「水道ギャラリー」文京区 水道 2-6-8

・愛知「Analogue Life」名古屋市 瑞穂区松月町 4-9-2-2F

・鹿児島「夏ノ庭」日置市東市来町美山 1697-2

 

 

 煤竹ペーパーナイフ

 

・東京「OUTBOUND」武蔵野市 吉祥寺本町 2-7-4-101

・東京「MIN jewelry &crafts」目黒区 鷹番 3-5-6-2F

 

*在庫状況は各取扱店へお問い合わせください