竹工芸家 初田 徹

東京の竹工芸家 初田徹(撮影:山口明宏)
photo by : Akihiro Yamaguchi / 撮影:山口明宏

伝統的な竹籠の技術と美意識に倣いつつ

茶杓をはじめとする茶の湯の道具・竹工芸の造形作品・日用の道具を

現代の時間の中で制作しています。


略歴

1980年生まれ

東京都世田谷区出身・在住

 

2002年

大学在学中より竹工芸を学びはじめる

 

2010年

第50回東日本伝統工芸展入選 翌年も同展入選

 

2014年

日本橋のギャラリー花筥で個展

 

2015年

五島美術館の『茶道具取合せ展』

「茶箱・茶籠」特集展示に茶筅筒と茶巾筒 出品

  

2017年1月

メルボルンのヴィクトリア国立美術館に

 『千筋盛器』収蔵

 

2018年は個展を三回おこないます

 

4月「カタチノタネ」

9月「煤竹と茶杓」

12月の個展の詳細は近日公開予定

 


Exhibition|竹工芸家 初田徹の展示履歴について
Exhibition|個展等 展示履歴へ
Press|竹工芸家 初田徹 メディア掲載情報
Press|メディア掲載情報へ


Toru Hatsuta

 

Bamboo Artist
Born in Setagaya, Tokyo Japan in 1980

 

Began bamboo arts

with Kyokusho Tanaka

while in college 2002

Selected in the Japan Traditional Craft Arts Exhibition

Eastern Division in 2010 and 2011

 

Added to Public Collections

at National Gallery of Victoria, Australia

2017

 

My art revolves around bamboo basket making as a traditional art of Japan.

 I create Tea Ceremony utensils, home decor, and various ornaments, 

pursuing the possibility of bamboo as a natural, sustainable material of the nation.