News

2017-10-12

煤竹の箸が仕上がりました。百数十年を経た古材の煤竹を削り、半月ほどかけて拭き漆を重ねて仕上げています。

10月12日のブログに詳しく記しております。

 

 2017-10-02

定番としている煤竹の菓子切り『月雲』の価格を、近く改定いたします。

10月2日のブログに詳しく記しました。お求めについてご検討されている方には、ご覧下さいますと幸いです。

 

2017-09-29

淡交社の雑誌『なごみ』2017年10月号に作品が掲載されました。

9月29日のブログに詳しく記しております。

 

2017-08-17

立川の料理店「天麩羅ト酒 ミコ」様に、料理の器としての竹籠をお納めしました。

8月17日のブログに詳しく記しております。

 

2017-06-19

学生のための進路ガイド、マイナビ「進路のミカタ」に、竹工芸家として紹介されました。

 

2017-06-12

住まいと暮らしの雑誌、季刊『チルチンびと』92号に一輪挿しの竹籠が掲載されました。

6月12日のブログに詳しく記しております。

 

2017-06-01

日本橋の三越カルチャーサロンにおける『日本橋街大學』にて、7月2日(日)14時より茶杓削りの講座をひらくこととなりました。

6月1日のブログに詳しく記しております。(終了しました。ご参加ありがとうございます)

 

2017-05-12

『散歩者の籠』など制作品の籠や道具についてや、茶杓などお茶の道具の扱いについて、ブログにつづけて記しています。

 

2017-05-06

茶席用のみじかい菓子切りを特注でつくりました。

5月6日のブログに詳しく記しております。

 

 

2017-04-20

茶の湯の書籍に、煤竹の茶筅筒が掲載されました。

『はじめての茶箱あそび』ふくいひろこ著(世界文化社)掲載のお知らせ

 

2017-04-06

4月14日(金)より日本橋のギャラリー花筥での『袱紗展』に、竹籠や竹の花入、茶箱の茶杓など30点ほどを出品します。

日本橋~京橋~銀座エリアでのアートイベント『東京 アートアンティーク2017』と連動する企画で、会期は4/14(金)15(土)17(月)18(火)の計4日間です。

(終了しました)

 

2017-02-24

吉祥寺のOUTBOUNDで、煤竹の菓子切『ささのは』の取り扱いがはじまります。

同店での拙作の取り扱いは初めてのことで、今後すこしずつ品数を増やしてゆくことになると思います。

詳しくはブログに記しました

 

2017-02-08

名古屋のAnalogue LIfe(アナログライフ)で、煤竹の菓子切『ささのは』の取り扱いがはじまります。

詳しくはブログに記しました

 

2017-02-01

チルチンびと広場での連載コラム『あの竹この竹』第45回が掲載されました。今回をもちまして最終回とし、4年半の連載を終えます。お読みくださり、ありがとうございました。「竹籠の前後に時は流れる

 

2017-01-10

今年の予定についてブログに記しました。

竹籠いろいろ、2017年の心づもり

 

2017-01

現在はご注文品の制作と販売店への納品に注力しております。しばらく個展の予定はありませんが、予定が決まりましたら当サイトおよびブログ等でお知らせをいたします。Facebookページに「いいね」をしていただくと、ブログの更新を中心に最新のお知らせが配信されます。籠や竹箸、菓子切りなど、随時ご注文によりご用意いたします。メールでお問い合わせくださいませ。→ Contact

 

2016-07--2017-01

メルボルンのヴィクトリア国立美術館(Nantional Gallery of Victoria)で開催中の展覧会 "Bamboo; Tradition in Contemporary Form"に竹工芸の作品『千筋盛器』を出品しています。展示は2017年1月29日までの予定で、出品作品は同美術館のコレクションとして収蔵されます。

 

2016-10

茶道美術の月刊誌『なごみ』(淡交社)2016年10月号の特集「作ろう、茶道具」で、イラストレーターのイソノヨウコさんによる「茶杓削り体験記」の教官を務めました。イソノさんは柳家小春の名で江戸音曲・三味線唄いの世界でも活躍されています。

 

2016-09

桜上水のメガネコーヒーを会場とする4日間の展示『3時の港」を開催します。(終了しました)

 

2016-02

雑誌『月刊美術』2016年3月号の特集「いま世界が注目するアートはこれだ!『超・工芸』の最前線」において竹工芸の作品および作家として掲載されました。掲載作品はメルボルンのヴィクトリア国立美術館にコレクションとして収蔵されます。

 

2016-02

東急百貨店 渋谷本店での『双裳会』に竹工芸の作家として出展します。(終了しました)

 

2015-10

下高井戸のカフェ Ulalaka にて一日だけの展示『時と竹』を開催します。(終了しました)

 

2015-01

五島美術館の『茶道具取合せ展』における「茶箱・茶籠」特集展示に、茶筅筒と茶巾筒を出品します。(終了しました)