· 

雨のち......

 

 こんにちは。はやくも7月は下旬に差し掛かります。

 

 早かった梅雨明けからの連日の猛暑とは打って変わり、しばらくは雨つづき。災害級の大雨の地域もあるようで心配です。じとじとした雨かはたまた猛暑か、極端な天気ばかりでは心身が疲れますね。


松葉に雨

藤の花に雨

 青い松葉も、紫の藤の花もひとしく雨に濡れています。

 

 紫陽花はぐったり。今年の紫陽花は小さな雨に濡れながら生き生きと咲く姿よりも、乾いて萎れたり、大雨に打ち付けられて俯く姿ばかりを見た気がします。

 

 そういえば今年は梅雨が明けても蝉の声が聞こえないな、と思っていましたが、一週間ほど前からようやく聞こえはじめました。考えてみればまだ7月中旬ですから、鳴きはじめとして遅いわけではありません。

 

(この下、ふたつめの写真に蝉の抜け殻が写っています。昆虫が苦手なかたはお気をつけください)


咲きながら萎れた紫陽花

コンクリートと緑と蝉の抜け殻

 人工物であるコンクリートの上に残された蝉の抜け殻を見ると、地球外のどこかから降り立った宇宙船のようにも見えます。

 

 あるいは人類よりも先に地球上で繁栄を極めて、すでによりよい星へ移ってしまったあと、地球に残った者たちの子孫かもしれません。後に現れた人類の行いを観察して、本国の仲間へ報告しているのか。


蕗の葉も乾いています。

 このところ、実は少々忙しく、余裕のない日々を過ごしています。

 

 連続した展示に全力を注いで、色々の物事を後回しにしたところへ、予定にはなかった出来事も重なってしまい。巡り合わせとはそういうもの、自ら招いた状況です。

 

 子どもの頃のように夏を純粋に楽しむことがむずかしいのですが、身近な緑のそばをひととき散策して、空を見上げるだけでも、私の中に少しだけ童心がかえってきます。